Global Gateway 外部リンク

お問い合わせお問合わせ

YouTube

中長期経営方針

中期経営計画

2023年12月期までに、売上高750億円、営業利益76億円を展望

中期経営計画

成長イメージ

成長イメージ

事業戦略

工作機械事業

  • 全地域におけるマーケットシェア拡大
  • 金属3Dプリンタの販売・研究開発を加速
  • 生産の効率化、部品の共通化により製造原価を低減
  • 高精度領域をターゲットに精密マシニングセンタを拡販

産業機械事業

  • 海外売上高比率を70%以上に向上
  • ラインナップの更なる拡充により、新たな需要を創出
  • 収益力強化を目指した原価低減プロジェクトへの取り組みを推進

食品機械事業

  • 工場拡張による収益力の強化
  • 海外市場向けの製品開発により海外売上高拡大
  • 製麺機・米飯製造装置以外の製品開発及び販路拡大

長期経営計画「Next Stage 2026 ~Toward Further Growth~」

ソディックでは、設立50周年を迎える2026年をターゲットにした長期経営計画「Next Stage 2026 ~Toward Further Growth~」を、2019年2月に公表いたしました。各事業において、長期計画の達成に向けた取り組みを推進しております。

長期経営計画 PDF(1.5MB)

方針

設立50周年を迎える2026年をターゲットに長期ビジョンを策定

当社事業を取り巻く事業環境

  • 自動車産業の変革(自動運転・EV・電装化、部品軽量化、新素材採用)
  • IoT、AI技術の進化(工場のスマート化、自動化、省人化)
  • 通信ネットワークの拡大(5G、ビックデータ、スマートフォン高機能化)
  • 新興国におけるものづくりの高度化
  • 環境規制の強化(CO2排出量の削減)
  • 省人化、自動化ニーズの高まり etc

経営方針

方針

定量目標

2026年12月期までに、売上高1,250億円、営業利益170億円を展望

定量目標

※2017年12月期は、比較参考のため全社2017年1~12月の1年間に換算した数値を表記しています。

ソディックグループ2026年の目指す姿

既存事業の競争力を高め、成長を牽引する製品群を育成し、事業規模拡大。
ポートフォリオを変革し、安定した収益基盤を構築

ソディックグループ2026年の目指す姿

この長期計画は、各産業での技術革新や世界情勢の変化等に柔軟に対応しながら、持続的な成長をめざすためのビジョンであり、各事業において計画達成に向けた様々な施策を実施しております。
しかしながら、長期計画策定時には想像もしなかった米中貿易摩擦や新型コロナウイルスの世界的流行等の発生により、経済情勢や市場環境は著しく変化しているほか、今後の経営環境にも不透明さが残る状況が継続しております。

一方、ものづくりの現場ではCASEやMaaSへの対応をはじめとした自動車産業の変革や、AIやIoTの進展、5Gの普及に向けた設備投資の動きが継続し、高精度なものづくりの需要が高まることも期待されています。
このような状況を踏まえ、必要に応じて長期経営計画の見直しを検討してまいります。