Global Gateway 外部リンク

お問い合わせお問合わせ

YouTube

環境への取り組み

各項目をクリックすると詳細に移動します。

環境マネジメントシステム

ソディックの品質・環境・安全方針

QVP 2022年度 全社方針書

QVP全社方針書(環境方針) PDF(PDF:56KB)

ソディックは、ものづくりを通じて持続可能な社会の実現に貢献するため、TQM(Total Quality Management)の観点から品質・環境・安全推進体制を構築しています。そのなかで「QVP+全社方針書」を定め、独自の業務改革・改善のためのQVP+活動※を国内外の各拠点に展開しています。トップマネジメント主導でのグローバル発表会において、各グループ会社・各部門がそれぞれ設定した重点課題をもとに前年度の活動の成果と反省点、新年度の目標を共有。中長期的な目標を視野に入れた継続的な改善活動につなげています。

  • QVP+活動:QVPはQuality Victory Planの略で、年度ごとの方針・目標に沿って、それぞれの部門が品質・環境・安全面の改善をめざす活動です。
  • 「QVP+全社方針書」はこちらをご覧ください。(PDF:56KB)

品質・環境・安全推進体制

「品質」「環境」「安全」の3つの大きな柱で推進体制を構築しています。

グリーン調達の推進

ISO14001認証取得

日本国内すべての事業拠点において、環境マネジメントの国際規格ISO14001:2015を認証取得しており、継続的に見直し・改善を繰り返し、有効性を確認しながら運用しています。

環境面からのサプライヤーの選定

グリーン調達

2000年5月、グリーン購入法が制定されました。これは、循環型社会の形成のためには供給面だけではなく、需要面からの取り組みも重要であるとの観点から、事業の特性、必要な強度耐久性、機能の確保、コスト等に留意しつつ、環境負荷の小さいものを優先的に選ぶグリーン調達を積極的に推進することを定めたものです。

ソディックでは、2017年11月に「グリーン調達基準書」が発効し、「調達先」および「調達品」の選定基準を規定し、グリーン調達の基準を満たすために必要な活動・調査を明確化しました。また、国内・海外の調達先に対して調査を実施し、地震発生時やメーカーによるデータ改ざん問題等発生時にも対応可能な体制を構築しました。

併せて、当社独自のERP連動の有害化学物質管理システム(SHCSCS)を構築中です。これは当社製品に有害化学物質が入っているかどうかをシステムで管理・運用するもので、今後新たに購入する部材については調達・物流統括部、総務部、品質保証室が連携を取り、有害物質の有無について調査するよう徹底しています。

グリーン基準を満たすために必要な活動・調査

  • グリーン調達基準書の配付
  • 有害化学物質一覧表の配付
  • 調査シート(環境負荷化学物質 調査依頼回答書(不使用証明書))の配付・回収
  • 環境保全に関する評価シートの配付・回収
  • 指定化学物質に関する非含有証明書の配付・回収
  • 紛争鉱物開示規制に関する使用状況報告書の配付・回収
  • RoHS2 指令適用除外表の配付
  • SDS(Safety Data Sheet)の回収グリーン調達基準書の配付

事業活動における環境負荷の低減

紙ごみ・プラごみの削減活動

紙ごみ・プラごみの削減活動

プラスチックごみ削減のため、備品の見直しを推進しています。

  • お客様に提供する飲料の容器をペットボトルから蓋つきの缶に変更
  • ウォーターサーバーやお客様用カップ式自動販売機を導入
  • 来客用に紙カップとウッドマドラーを採用

有害化学物質管理の強化・改善

当社独自のERP連動の有害化学物質管理システム(SHCSCS)を構築中です。2020年12月期は、有害化学物質の種類と保存量を見える化するなど管理の強化、徹底を図っています。

大気への排出に対する取り組み

気候変動対策に向けたCO2削減への取り組み

環境・エネルギーを中心とした社会課題に対する関心がグローバルで高まるなか、世界が一丸となり温暖化対策へ取り組むことを定めたパリ協定や、国連が掲げるSDGsに対する注目が高まっています。国内では省エネ法への対応が2030年までに求められており、ソディックでは自然エネルギーの活用にも注目しています。本社およびソディックエフ・ティ宮崎事業所では、社屋屋上に太陽光発電システムを導入しています。

また、事務部門においてはクールビズ対応のほか、テレビ会議システムの有効活用によるCO2削減の取り組みを推進しており、国内各拠点・海外子会社にテレビ会議システムを導入することで会議や打ち合わせ時の移動を抑制し、エネルギー消費の削減に努めています。

ソディック国内事業所におけるCO2排出量と原油換算

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
CO2排出量(t) 8,543 6,583 8,831 10,164 9,904
原油換算(kl) 3,440 2,650 3,529 4,116 4,025

太陽光発電の設置

ディック エフ・ティ宮崎事業所 社屋屋上の太陽光発電システム
ソディック エフ・ティ宮崎事業所
社屋屋上の太陽光発電システム

ソディック本社及びソディックエフ・ティ宮崎事業所では、社屋屋上に太陽光発電システムを導入しました。本社では太陽光で発電した電気を売電するという取り組みを行うなど、多方面からの環境保全活動を試みています。

環境配慮型製品の開発

ものづくりを通じた環境への貢献

工作機械分野

工作機械分野

製品の製造工程で使われる機械の性能は、ものづくりにおける環境負荷に大きな影響を及ぼします。例えば、電源の場合、加工速度の向上により加工時間の短縮が図られ、消費電力や消耗品の使用量を抑えることができます。機械も同様に加工精度が向上すれば工程、時間ともに削減が可能です。創業以来、コア技術を次々と自社開発し、お客様に提供する機械の性能を飛躍的に高めてきたソディックは、製品を通じてお客様の環境負荷低減に継続的に貢献してきました。2020年には世界初の「ワイヤ回転機構」を搭載した「AL i Groove Edition」を開発し、加工面の品質向上に加えワイヤ消費量の削減も実現しました。

また、資源の有効活用への取り組みとして、放電加工に欠かせないワイヤ電極線を新品同様の品質にリサイクルする技術を世界で初めて確立。
お客様の元で加工後に使用済みとなったワイヤを回収し、溶かして高精度に加工可能なワイヤ電極線に再生しています。

産業機械分野

産業機械分野

ソディックのプラスチックや難材料、軽金属向けの射出成形機は、自動車や通信・電気電子機器、医療機器など部品の成形加工に用いられます。射出成形機の技術革新を進めることで、歩留まりを改善し、原材料の無駄な消費を抑えるだけでなく、さまざまな最終製品の小型化、薄肉化、軽量化、高品質化を実現してきました。EVや5Gの普及、デジタルトランスフォーメーション、低侵襲医療などの進展にもソディックの技術が陰ながら貢献しています。

2020年に実用化に成功した「INFILT-V」は、これまで困難だった生分解性プラスチックの薄肉深物の成形加工を容易にする装置です。海洋プラスチックごみなど廃プラスチックによる環境汚染が世界的に問題となるなか、廃棄されても土に還る生分解性プラスチックの利用が望まれましたが、成形加工が困難なため利用が進みませんでした。「INFILT-V」の搭載により精密成形品に適した当社独自のV-LINE® 射出成形機で生分解性プラスチックが採用できるようになり、普及促進が期待されています。

※手術・検査などに伴う患者さんの痛みや発熱、出血などをできるだけ少なくする医療

食品機械分野

CIP自動洗浄付き茹上装置

日本は豊かな食に恵まれていますが、世界的には食糧不足や飢餓が大きな課題となっています。麺、米は茹でる、炊飯することにより原料1に対して2から3倍の製品に加工できる非常に効率の良い食材です。ソディックは、麺や米飯を連続で安定的に生産できる装置の開発、製造に強みを持っており、技術を通じて食の社会課題解決の一助となることをめざしています。

自動洗浄付き茹上装置はHACCPの観点から25年前に開発したソディックの主力製品です。CIPとは装置内部を自動洗浄するシステムで、茹で・冷却から計量までの工程を完全自動化し、安全・安心な生産を可能にします。工程での生菌数が抑えられ、麺の賞味期限が延ばせる大手製麺メーカーやCVSベンダーに高い評価を得ています。ソディックでは、この装置をはじめ、無菌米飯、菓子・惣菜自動化設備などの技術を通じて世界の食の安全と食文化の向上に寄与していきたいと考えています。

※ HACCP(ハサップ)は、国際的な食品衛生管理規格

粉体冷却装置

粉体冷却装置は小麦粉、そば粉、米粉などの粉粒体の原材料を迅速・均一に冷却。製麺、製パン、製菓などにおいて、生地の品質向上や冷却時間の短縮、冷却にかかる消費電力の大幅な削減を実現しています。

リサイクル

つばめワイヤプラス
つばめワイヤプラス

業界初の『使用済みワイヤ回収システム』に対応する自社開発製造のワイヤ電極線。高品質・高精度に製造管理され、優れた真直性と極めて滑らかな表面品質。信頼性の高い加工性能を十分に引き出します。

エコイオンR
エコイオンR

長寿命で、長時間加工に対応するワイヤ放電加工機(水仕様)付属のイオン交換樹脂装置。18Lの内容量で従来タイプの約2倍。『ボンベ』本体の交換タイプですので、樹脂の詰め替え作業が不要で環境に優しい商品です。

エコフィルタSHF-25R
エコフィルタSHF-25R

高寿命タイプSHF-25Eの性能を継承。寿命は、従来品の約2倍(当社HF-25A比較)。分解構造のフィルタタイプ(濾紙と外枠)。レンタル契約によって、商品の流通サイクルを可能にして回収します。

廃棄物に対する取り組み

生分解性プラスチック成型技術

CIP全自動茹麺装置

現在、土壌環境や水環境などの自然環境で生分解されるプラスチックの研究開発に注目が集まっています。生分解性プラスチックは、自然界に存在する微生物の働きで最終的に自然的副産物(炭酸ガス、水など)に完全に分解される性質を持つプラスチックのことで、プラスチックごみが自然分解されないまま残り続け、微細化だけが進行し回収困難となるマイクロプラスチック問題の解決に役立ちます。

当社の射出成形機は、可塑化部と射出部を分業化した独自機構V-LINE®を有し、溶融状態の安定性と射出時の熱的安定性に優れた性能を発揮することで、この生分解性プラスチックを素材とする製品の安定生産に貢献します。