Contactお問合わせ

Global Gateway 外部リンク

SodickConnect

環境への取り組み

大気への排出に対する取り組み

気候変動対策に向けたCO2削減への取り組み

環境・エネルギーを中心とした社会課題に対する関心がグローバルで高まるなか、世界が一丸となり温暖化対策へ取り組むことを定めたパリ協定や、国連が掲げるSDGsに対する注目が高まっています。国内では省エネ法への対応が2030年までに求められており、ソディックでは自然エネルギーの活用にも注目しています。太陽光発電システムの導入のほか、クールビズ対応やテレビ会議システムの有効活用によるCO2削減の取り組みを推進しており、国内各拠点・海外子会社にテレビ会議システムを導入することで会議や打ち合わせ時の移動を抑制し、エネルギー消費の削減に努めています。

ソディック国内事業所におけるCO2排出量と原油換算

2018年 2019年 2020年 2021年 2022年
CO2排出量(t) 8,752 9,029 7,938 7,500 9,051
原油換算(kl) 3,549 3,939 3,860 3,875 4,778

太陽光発電の設置

加賀事業所に新たに導入した太陽光発電システム
加賀事業所に新たに導入した
太陽光発電システム

ソディック本社、加賀事業所、ソディックエフ・ティ宮崎事業所およびタイ工場では、太陽光発電システムを導入しエネルギー排出量の削減に取り組んでいます。本社では太陽光で発電した電気を売電するという取り組みを行うなど、多方面からの環境保全活動を試みています。

昼休憩における消灯の徹底

当社では、2015年より昼休憩1時間の工場および事務所の照明OFF、PCモニターOFFを実施しています。全ての照明を消せない場合もあるため、照明スイッチの細分化を行い、必要な箇所のみ点灯できるようにして無駄な電力使用の削減を徹底しました。加賀事業所では電力消費量が一目でわかるシステムを活用し、リアルタイムでの電力消費量を見える化したことで取り組みの効果が確認できるようになり、節電活動がより活発化しています。

昼休憩(1時間)消灯の効果:加賀事業所

昼休憩(1時間)消灯の効果:加賀事業所