Global Gateway 外部リンク

お問い合わせお問合わせ

DiproSOLID 形彫り放電CAM

3次元設計モデルを最大限に活用し作業者の負担を大幅に軽減
人為的ミスを解消する加工現場重視のCAMシステム

主な特長

モデルから加工位置を取得

設計段階で作成した3次元ソリッドモデルをダイレクトに活用するので、加工位置の座標値入力が一切必要ありません。

単純ミスがゼロ!

位置出し(ワーク)と芯出し(ワークと電極)

3次元ソリッドモデルを使って芯出し測定ポイントを決定するので、座標値の入力ミスがありません。 特に、ATCを使用した多数電極での加工工程では、威力を発揮します!

モデル上をマウスでクリックして芯出し測定ポイントを指示

多彩な加工方法に対応

1本の電極で、複数の工程<荒・中仕上げ・仕上げ>の加工や、複数の放電箇所を持つ電極を移動して加工するピッチ加工が行えます。

多工程電極

多工程電極

ピッチ加工

ピッチ加工

最適な加工条件

3次元ソリッドモデル、または切削シミュレーションから出力されたSTLデータによるワーク形状と併用して、加工深さごとの放電投影面積を算出し、最適な加工条件を検索します。

最適な加工条件の抽出 最適な加工条件の抽出

電極寸法補正

電極の製作時に生じた電極の寸法誤差を補正します。 それぞれの電極に対して、X方向、Y方向、深さ方向の寸法誤差を補正できます。

電極寸法補正

NCプログラム

ワークの位置決め、電極の芯出し、加工まで、全てを含めたNCプログラムを作成します。 芯出し工程においてモデル寸法と実測値の差(実測誤差)が許容差よりも大きい場合は、芯出しを中断してミスを防ぎます。

[モデル寸法 + 減寸量 × 2] - [実測値](実測誤差) < 許容差 ⇒ 加工実行!!

NCプログラム

NCシミュレーション

芯出しから加工までのシミュレーションにより、ドライランの省略が可能となり、加工実行前の確認作業を大幅に短縮します。

NCシミュレーション

加工指示書の作成

定義した加工情報から、HTML形式の加工指示書を作成します。 加工現場のPC端末で加工指示書を参照することで、ミスなく簡単に段取り作業が行えます。

加工指示書の作成

追い込み加工

加工後の測定結果から、追い込み加工用のNCプログラムを作成します。

自動化システム対応

ATC / APC / 3次元測定器 / Mr.Sodick(加工工程スケジューラー)との組み合わせにより、自動化システムの構築 をサポートします。

自動化システム対応

動画による製品紹介「DiproSOLID 形彫り放電CAM」

The Camtasia Studio video content presented here requires JavaScript to be enabled and the latest version of the Macromedia Flash Player. If you are you using a browser with JavaScript disabled please enable it now. Otherwise, please update your version of the free Flash Player by downloading here.

関連コンテンツ