研究開発体制

ソディックが推進する3極体制での開発

ソディックグループでは、中心となる日本において放電加工機、マシニングセンター或いは射出成型機といった製品の性能、品質に係わる研究開発活動を行いながら、早くからグローバルな視点に立って各エリアの特性を見据えた研究開発を推進しております。R&Dの分野では、1991年に中国上海にShanghai Sodick Software Co., Ltd.を設立し、2000年には先端ITの集積地であるアメリカシリコンバレーにSodick America Corporationを設立。
日本の各事業部の研究開発部門との協力の下、世界3極体制により最新のNC制御装置の研究開発を行っています。

ソディックが推進する3極体制での開発

アドバンスト研究

日本の研究開発部門であるアドバンスト研究センターにおいては、先進のソフトウエア/ハードウエア次世代技術に関する研究を進めております。ここで生まれた先進技術は各事業部の研究開発部門により、ソディック各製品の競争力向上へ生かされています。

ページトップへ