PREV
MS series

高精度と安定性をベースに、さらなるハイサイクル成形を実現

精密で複雑なプラスチック成形の分野で高い評価をいただいているV-LINE®射出成形機。高精度と繰り返し安定性という卓越した特長を持ちます。
「MSシリーズ」は、この優秀な性能をベースとして、可塑化・射出装置の駆動部および新開発の型締装置の駆動部に、自社開発サーボモータ制御技術を組み込んだ「eV-LINE」システムを採用し、ハイサイクル成形・生産性のさらなる向上・省エネ効果の実現を可能としたSodick の最新射出成形機です。
プラスチック成形品に対する要求が高精度化・複雑化しており、射出成形機は幅広い対応力が求められています。
その1つの解が、「eV-LINE 電動射出成形機 MSシリーズ」です。

※V-LINEは株式会社ソディックの登録商標です。

MSシリーズ各部機構

部位機構・方式駆動方式特長
射出プランジャ電動+ボールねじ正確な充填性能
可塑化スクリュプリプラ電動安定した可塑化性能
型締ダブルトグル電動+ボールねじハイサイクル・省エネ
突出ボールねじ電動+ボールねじ正確な位置精度

V-LINE®

安定した高精度成形を実現する可塑化・射出装置

可塑化のみを行う可塑化部と計量・射出を行う射出部で構成されるV-LINE®方式に、自社独自開発のサーボモータ制御技術を新たに加え、正確で再現性の高い射出性能を実現しました。計量および射出の位置情報をクローズドループで制御することにより両位置精度が向上し、可塑化・計量・射出の高精度な繰り返し安定性を実現しています。

V-LINE®の射出方式

V-LINE®

スクリュが可塑化のみを行う
可塑化時の樹脂の熱履歴が一定
可塑化・射出の各工程を順番に制御
樹脂の挙動も制御
樹脂を摺動や剪断する部位がない
樹脂に過剰な剪断熱や過剪断を与えない

V-LINE®の成形工程

  • 計量
  • 逆止
  • サックバック
  • 射出
  • 保圧

V-LINE®は、可塑化・射出の全工程を独立制御することで、

①樹脂の溶融状態、②計量樹脂の密度、③実充填量、の3つの安定(3 Stabilities)を実現。

3つの安定性
  • 安定した成形状態を維持しやすく、成形の不良原因を特定しやすい
  • 成形の工程能力を上げ、良品条件と不良条件の見極めが容易

優れた射出工程(波形)再現性

右図は、電動機 MS100の射出速度・射出圧力の30ショット重ね書き波形です。バラつき幅が小さく、再現性が高いことがわかります。

優れた射出工程(波形)再現性

MS100(P28S28)

標準で耐摩・耐食性能を装備する豊富な可塑化・射出ユニット

MSシリーズは、幅広い成形品に対応できるよう、成形品の射出容積に最適なスクリュ径・プランジャ径および速度重視・圧力重視に基づく可塑化・射出ユニットの選択が可能です。

可塑化ユニット 仕様一覧

可塑化径 mm222528324050
重視仕様回転数トルク回転数トルク回転数トルク回転数トルク回転数トルク共通
可塑化能力 kg/h1692313422453309662100
トルク N・m100130100130150210150210221315700
回転数 min‒1400200400200400200400200400200200

射出ユニット 仕様一覧

射出径 mm2228(MS50)28(MS100)40(MS100)40(MS200)50
重視仕様 速度 圧力 速度 圧力 速度 圧力 速度 圧力 速度 圧力 共通
速度 mm/sec 450 350 350 250 400 300 270 200 300 200 200
射出圧 MPa 220 285 175 235 215 285 160 215 200 275 200

型締装置

ハイサイクル化と高精度・均一性の両立を追求した新開発の型締装置

型開閉サイクルの短縮化を可能とする型締装置を新たに開発し、独自のサーボモータ駆動技術適応により型締動作の電動化を図りました。これにより、省エネ性・静粛性も向上し、ハイサイクル化にも寄与。また、可動プラテンをリニアガイドで支持し、ばらつきを抑制した成形環境を確保しています。

トグル機構の採用 ハイサイクル化を追求・ロングスパン支持の直動ガイド 姿勢安定性(高精度・型締均一性能)の追求 成形サイクル 従来機比20%短縮

成形サイクル 従来機比 20%短縮

良好な型締力均一性

右図は、MS100の型締時に、型締力の分布を確認するため、各プラテンとテストブロック間に感圧紙を挟んだ感圧結果です。
トグル方式を採用した「MSシリーズ機」も、従来機同等の型締力の良好な均一性が確認できます。

メリット

  • 金型中心のあたりが強く、バリが発生しにくい

MS100 感圧紙による評価

高精度な型開閉動作

右図は、MS100の固定プラテンおよび可動プラテンそれぞれに、変位検知センサと測定治具を搭載し、型締-圧抜―型開完了時における平行度の変化量を測定した結果です。
トグル方式を採用した「MSシリーズ機」も、平行度の変化がごくわずかであることが確認できます。

メリット

  • 金型部品にストレスをかけない
  • 可動プラテンの姿勢が変わらない

MS100 金型の軸ズレ(金型変形)

eV-LINEシステム

ハイサイクル性能とエコ性能の追求

射出可塑化装置の駆動部および新開発の型締装置の駆動部に、自社開発サーボモータ制御技術を組み込んだ「eV-LINE」システムを採用し、ハイサイクル成形・省エネ化を可能としました。

eV-LINEシステム

ユーティリティ

製造から保全まで。すべてのニーズでの使いやすさの追求

セレクタ式スイッチを採用し、「MSシリーズ」専用の操作パネルを新開発しました。
各ユニットは、スイッチを移動させたい方向に操作することで作動し、より直感的で簡単な操作が可能です。
また、自社開発の高度な制御・通信システムの採用により、高速デジタル処理能力の向上を図りました。

直感的操作の実現

セレクタ式スイッチを採用し、「MSシリーズ」専用の操作パネルを新開発しました。各ユニットは、スイッチを移動させたい方向に操作することで作動し、より直感的で簡単な操作が可能です。
操作パネル内のスィッチ類の煩雑な操作を避けるために、数値入力は画面に表示されるソフトキーボードを新開発しました。

成形サイクルの見える化による生産性の向上

成形サイクル全体を一目で確認できるサイクルタイムチャート画面を採用し、サイクルの見える化を実現。これにより、短縮可能な成形動作が一目瞭然となり、タイムロス削減が可能となりました。また、各工程動作のサイクル設定のカスタマイズが容易になり、成形サイクルの時間短縮に貢献し、生産性向上を実現します。

サイクルチャート画面

サポート機能の充実

各種センサ・メンテナンス画面などを充実させ、成形機の操作方法や成形機のエラー内容、トラブルシューティングなど、成形機を目の前にして確認することが可能です。成形トラブル時にも即対応できるよう、ヘルプ機能として操作説明書を表示することが可能になりました。

各種サポート画面

グローバル生産に適応する各国の安全規格適応

国内射出成形機安全規格JIMS/韓国安全規格KC-S/中国安全規格GBなど各国の安全規格に適応し、安全ドア用リミットスイッチの二重化(安全ドア閉監視機能の強化)、可塑化シリンダカバーの二重化(カバー表面温度の低温化)、大型パージカバー(高温ヒータへの接触防止)、型開閉部トップカバーおよび型開閉部アンダーカバー(金型への接触防止)を標準化しています。安全・安心のグローバル機としてスムーズな導入が可能です。

安全規格対応例:パージカバー、可塑化シリンダカバー


製品仕様

仕様一覧・装備品一覧

PDF

機械寸法&据付図・金型 取付寸法図

PDF

製品ラインナップ