Sodick(株式会社ソディック) | ものづくりをサポートする総合メーカー


製品案内サポート

ケミカル商品
ECO/リサイクル商品
ワイヤ電極線
ワイヤガイド
ケミカル商品
周辺機器
パイプ電極
ツーリングシステム
ハイスピードミーリングセンタ用
SDS



除錆剤/防錆剤/中和剤

サービノンSUPER(除錆剤) イメージ

■用 途
放電加工後のワークの表面洗浄、あるいは金属表面にできた錆除去の為に使用します。
サービノンSUPER(除錆剤)

■特 長
放電加工後のワークの表面洗浄、あるいは、金属表面にできた錆除去の為に使用します。
使用するワークの大きさにより全部浸漬する場合と部分的にハケ塗りで使う場合があります。
軽・強度を問わず、すばやく効果を発揮します。
サビ以外の表面を傷めることなく短時間で処理できます。

■商品番号

,
商品番号  
商品名
 
容量・容器
J04008  
サービノンスーパー 20 L
 
20 L UN ポリ容器
J04009  
サービノンスーパー 10 L
 
10 L UN ポリ容器
J04010  
サービノンスーパー 5 L
 
5 L ポリ容器

■使用方法
原液又は水で1 〜10 倍に希釈し、その液にワークを浸漬又は、ハケ塗りしてください。
時間に比例して錆除去効果がありますが、長時間放置すると鉄ステンレルレスのワーク自体を溶かしてしまいますので、時間管理をして時々錆除去の効果、ワークに影響がないかを観察しながらご使用ください。
同じ液を何度も使う場合は、徐々に酸の濃度が薄まり効果が遅く弱くなります。
ワーク等の処理が終わりましたら、十分に水洗いを実施してください。
水洗いの後「サービノンアフター」に浸漬、又はハケ等で塗布し残酸を中和する事をお勧めいたします。
「サービノンアフター」処理の後そのまま放置すると再び錆が発生しますので、防錆剤のサービナイトを塗布して保管することをお勧めします。
■使用上の注意

本剤は強酸性を示し、金属に対し腐蝕性を有するので使用後は必ず密栓して冷暗所に保管してください。
容器の破損による漏出が無いように確認して、転倒、落下には注意してください。
同じ液を何度も使う場合は徐々に酸の濃度が薄まり効果が遅く弱くなります。
劣化した廃液は消石灰等のアルカリで中和してから廃棄してください。
目に入った場合は、直ちに水で洗眼して医師の診断を受けてください。
吸入した場合は、直ちに空気の新鮮な場所にて安静にした後、症状によっては医師の診断を受けてください。
飲み込んだ場合は無理に吐かせず、直ちに医師の診断を受けてください。
皮膚に付いた場合はかゆみ、肌あれの原因になります。
使用時は、目、皮膚に付着させないように、なるべくゴム手袋、簡易マスク、側板付き保護具を用いてください。
■廃液の処理方法

劣化した廃液は消石灰等のアルカリ液で中和してから廃棄してください。
■成 分

  リン酸を主成分とする強酸を含有しております。
■各種法律関係

消防法 非危険物
労働安全衛生法
(通知対象物質)
618号 燐酸 40%
340号 チオ尿素 0.9%
国連分類 腐食性物質(クラス8)
国連番号 1805





サービノンアフター(弱アルカリ性中和剤) イメージ


サービノンアフター(弱アルカリ性中和剤)

■用 途
サービノンSUPER等の酸性の除錆剤を使用した後の表面の中和や防錆に使用します。
サービノンSUPERの中和剤としてもご使用できます。

■特 長
中和、防錆の他、残酸との中和塩の溶解除去に優れています。

■商品番号

商品番号 商品名 容量・容器
9170132 サービノンアフター 10 L 10 L ポリ容器

■使用上の注意

保管時は容器の破損による漏出等を確認してから、冷暗所に保管ください。
劣化した廃液の廃棄は、水道水で十分に希釈して廃棄してください。
弱アルカリで危険ではありませんが、皮膚などに付着した場合は水で洗ってください。
目に入った場合は、直ちに水で洗顔して医師の診断を受けてください。
吸引した場合は、直ちに空気の新鮮な場所にて安静にした後、症状によっては医師の診断を受けてください。
飲み込んだ場合は無理に吐かせず、直ちに医師の診断を受けてください。
■使用方法

サービノンSUPER等で除錆処理を行った後、原液に浸漬するか、ハケなどで塗布してください。
数分で浸透しますので、ワークに付いた残液を布で拭取るか水洗いをしてください。
防錆処理は施されますが『サービナイト』をスプレーすることをお勧めいたします。
■使用後の処理方法

ワークについた本剤の塗膜は水洗いを十分に行ってください。
劣化した廃液の廃棄は水道水で十分希釈して廃棄してください。
■成 分

  水、水溶性防錆剤、アミノ誘導体、有機酸を主成分とする。
■各種法律関係

消防法 非危険物
労働安全衛生法
(通知対象物質)
381号 トリエタノールアミン 4%
国連分類・国連番号 該当しない





バイトル-WX(水溶性防錆剤) イメージ
バイトル-WX(水溶性防錆剤)

■用 途
ワイヤ放電加工液(水)に添加し、防錆作用をもたらします。

■特 長
加工液水量の1 〜 3%添加するだけで、優れた防錆効果が得られます。
泡立ちが少ないので、ワイヤ断線やタンクの汚れを防ぐことが出来ます。
有害物質や重金属類は含まれておりません。

■商品番号

商品番号 商品名 容量・容器
9050083 バイトルW X 10 L 10 L ポリ容器

■使用方法

加工液の比抵抗をご希望の値に調整して1 〜 3%添加してください。
途中で比抵抗をあげたい場合はそのまま液を純水器に通してご希望の比抵抗にしてください。
加工後はよく水で洗い、サービナイトを噴きかけてください。
■使用上の注意

乾きますと結晶が析出しますので機械本体の摺動部(AWT、プーリー周辺) には、定期的に水洗浄を行った後、サービナイトをスプレーしてください。
加工方法により効果に違いがあります。
イオン交換樹脂に影響を与えます。
加工液の色は変色します。
■成 分

  加工液の色は変色します。
■各種法律関係

消防法 非危険物
労働安全衛生法
(通知対象物質)
461号 ヒドロキノン 0.5%
国連分類・国連番号1 該当しない






■商品番号

商品番号  
商品名
 
容量・容器
9002080  
K H グリース 6459
 
カートリッジ 0.4kg
2030206  
グリースガン A-315M (グリース N用)
   

■使用方法

  ・KHグリース…6459 を専用グリースガン(LC-800SC) に装着してお使いください。

■成 分

  ・高度精製ベース油に各種添加剤を配合し、特殊ポリウレアを増稠剤としています。
■各種法律関係

消防法 非危険物
労働安全衛生法 鉱油 80〜90%
国連分類・国連番号 該当しない




コンダクトロン イメージ

■用途
電極を接着し、そのまま放電加工が出来ます。

コンダクトロン

■特 長
高度導電性接着剤としては初の常温硬化タイプで常温の硬化時間は約180 秒です。
グラファイト(Gr)- 鉄、Gr-Gr の固定接着にご使用できます。
接着後の機械加工に耐えます。

■商品番号

商品番号 商品名 容量・容器
9001497 コンダクトロン A(粉末7 g)+(B液体10 g× 2)のセット

■使用方法

A 粉とB 液体を混ぜ、接着部に塗布します。
混合体積比率は…A 粉:B 液=1:2 です。
■使用上の注意

密閉して冷暗所に保存してください。
耐熱性は常温80℃です。
剥離剤としてはアセトンが適当です。



このページを閉じる