Global Gateway 外部リンク

お問い合わせお問合わせ

LPM325 NEW

金属粉末の溶融凝固による3D造形と、
加工物への基準面加工を1台で行う、金属3Dプリンタのエントリーモデル

  • lmp325

※ 掲載の写真は実際と多少異なる場合があります。

特長

金属粉末の3D造形と基準面加工の複合加工機
金属粉末をレーザー光でスキャンすることにより溶融凝固させ3D造形を行い、また、段取り変えなしでの基準面加工を行う複合加工機です。コンパクトな基準面加工装置を搭載することで、本機と電源および周辺機器を一体構造とし省スペース化しました。
高速造形対応 粉末吸引装置標準搭載
造形室内の容積を大幅に縮小し、さらにレーザー加工時に発生するヒューム回収方法を最適化することで、高品質での造形速度向上を実現しました。また、造形室内での粉末処理作業を向上するため、粉末吸引装置を標準搭載しました。
自社製NC装置および専用CAM
自社開発・製造の新型NC装置「RM4RP」は、マニュアル動作の各ボタンを金属3Dプリンタ専用に配置し、作業者にやさしい操作環境を提供します。またLPM325専用CAM「LS-BEAMS」を開発しました。

動画

※音声が流れますので再生の際にはご注意ください

製品仕様

最大造形物寸法 幅×奥行×高さ (mm)250 x 250 x 250
最大積載質量(kg)120
レーザー最大出力(W)500
機械寸法 幅×奥行×高さ (mm)1630 x 2525 x 2020

この製品に関するお問い合わせ

関連コンテンツ