Global Gateway 外部リンク

お問い合わせお問合わせ

社長メッセージ

未来を創る

このたびは、当社ホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。
当社は、数値制御(NC)放電加工機メーカーの先駆者として、創業以来、日本の技術革新とともに歩み、ものづくりの発展に取り組んでまいりました。
ここに、今後の持続的な成長に向けた中長期方針と重点施策について、ご説明させていただきます。

中長期的な方針と重点施策

工作機械事業については、ものづくりの高度化が見られる新興国マーケットを含め、全世界の高精度機需要を的確に把握し、市場ニーズを汲んだ製品提供によって、シェア拡大を図ります。金属3Dプリンタについては、まだ市場を創出する段階にありますが、金型製造リードタイムの短縮や生産コストの削減、成形サイクルの短縮を可能にする革新的な技術であり、中長期的な成長が期待できる製品だと確信しています。造形速度の向上、金属粉のラインナップの拡充など、研究開発をさらに進め、精密金属プリンタ分野のトップ企業を目指します。

産業機械事業については、射出成形機の国内市場シェアを10%に引き上げるため、ニーズの高い全電動射出成形機の販売を強化してまいります。エントリーモデルに加え、中小型機のラインナップを拡充し、全電動射出成形機市場における地位を確立します。また、アルミニウム射出成形機は、ダイカストマシンからの置き換え需要や、軽量化が求められる自動車部品やIT機器部品などの潜在市場の開拓が期待できます。海外については、海外売上高比率70%以上を達成すべく、スマートフォンのレンズ、シリコーン成形機など、競争優位性のある高精度な成形分野での販売台数拡大を目指してまいります。

食品機械事業については、国内ではコンビニエンスストア、スーパーマーケットおよび外食チェーン向けを中心に、より高品質な麺の製造を目的とした設備需要が引き続き見込まれ、海外からもロングライフ麺や冷凍麺製造設備の需要が見込まれています。また、包装米飯・包装惣菜向け、製菓業界など製麺業界以外からのニーズを開拓し、将来の食品機械事業の柱に育てていきます。

現在、放電加工機、射出成形機は高水準な受注が続いており、受注残が増加しています。受注台数増加による機会損失を無くし、お客様からの納期要求にお応えするため、工場の生産能力の増強に取り組んでおります。特にタイ工場については第2工場を拡張し、生産能力を大幅に拡充する計画です。また、海外からの需要増加に対応するため、全世界における生産体制の再構築を進めてまいります。

持続的な成長に向けて

企業が持続的に成長していくためには、事業活動を通してステークホルダーに貢献していくことが求められています。

当社は研究開発型企業として、最高の製品を提供し、お客様の「ものづくり」をサポートすることによって、社会の発展に貢献することを経営理念としており、その実践こそが持続的な成長および中長期的な企業価値の向上に繋がるものと考えております。

従来より、「経営理念」「企業倫理憲章および企業行動基準」を基軸とし経営を行ってまいりましたが、社会からの期待が高度化、多様化していることを踏まえ、企業の社会的責任を果たすことに加え、組織横断的にCSR活動を推進するためにCSR推進委員会を発足いたしました。

環境、社会、ガバナンスへの取り組みについても、一層強化し企業価値向上を図ってまいります。

最後に

当社は、「世の中にないものは自分たちで創る」という理念のもと、自社技術をさらに向上させ、新たな製品群への応用開発を進め、ものづくりを通して社会への貢献を目指しております。

今後も、社名の由来でもある「創造」「実行」「苦労・克服」を社是とし、コーポレート・ガバナンスのさらなる強化に加え、ダイバーシティー経営の推進などにより多彩なイノベーションを生み出すことで、安定的かつ継続的な発展を目指してまいりますので、なお一層のご理解とご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 古川 健一